兼業ラノベ作家志望の乱読研鑚ワナビライフ

底辺作家未満のあがきがここに

高速音読 6/06 実感

高速音読をする理由として頭の回転を上げるということがありますが、それに加え、コミュニケーション能力をあげ、会話が苦にならないという効果もあるというのも気になったというのもあります。

 

会社では、他の人と会話しないでおきたいなんていっておられず、どうにかしてボロが出ないようにするので緊張してしまいます。

 

まだ高速音読を数日しか続けていませんが、会話をすることに対して辛いと思うことがなくなってきたように思います。

まだこちらから話かけるというのは苦手ですが、話を振ってもらったときには会話を続けられるくらいにはできるようになってきました。

 

これからの高速音読に期待しているのは、時たまなってしまう支離滅裂な会話を減らし、理解してもらえるようなしゃべりがコンスタントにできるような変化です。

 

高速音読は積極性が上がったりポジティブになるらしく、三日坊主の僕でも3日を超えて高速音読ができています。ちなみにブログも続けられています。

このまま続けていき、実社会での成長や創作活動での成長を効率的になしていきたいと思います。