兼業ラノベ作家志望の乱読研鑚ワナビライフ

底辺作家未満のあがきがここに

今日から始めるオナ禁生活

自己鍛錬の方法でネットでひそかなブームとして、オナ禁があげられます。

オナ禁というモノはオナニー禁止の略で、自慰行為を禁止することで多種の良性効果を求める習慣です。(詳しくはネット検索でどうぞ)

 

主に僕がオナ禁に求める効果としては

 

①テストステロンの上昇

 

これは基本ですね。テストステロンを増加させることで、やる気を増やし、やりたいことを成し遂げる原動力になります。

 

②習慣づけによる自信

 

これは副次効果になるのかもしれませんが、自分がここまでできたんだと実感することで自分自信の価値を認めるネタになりうると考えたからです。

 

③睡眠時間の減少

 

これは理由は分からないのですが、オナ禁をしていると一日6時間睡眠で十分なくらい精力的に活動できます。(僕は7,8時間寝ないと仕事が辛い人間)

もし、夜10時に寝れたとしたら自然と朝4時に起きれてそこから活動できます。

 

④執筆能力の上昇

 

これが最大の目的です。

これはオナ禁のどの要素がからんでくるのか分からないのですが、(テストステロン?それともオナ猿からの脱却による精神安定?)明らかにオナ猿期とオナ禁期では文章のレベルが違います。

なんていうか、視点が違うまでありますね。

オナ猿時は、チューブに残ったワサビを必死に絞り出す感じなのですが、オナ禁時は、新品のチューブからワサビを適当に握って一気に出す感覚でしょうか。そして、一回握ったら新品にすぐ取り換えまた握って一気に出します。

 

頭の中の容量が大きくなった感じまでします。いままで思いつかなかった発想も飛び出します。

 

物書き志望にとってはいいことづくめです。

 

ならやるしかないでしょう。

 

実際、効果がないとか、プラセボとかいう人もいますが、効果があればそれで十分ですし、体感はしたことがあるので疑心暗鬼にもなっていません。

 

僕は過去、最大30日のオナ禁を成功させたことがありますが、実際効果はめちゃくちゃありました。

活動的で自信があふれ、自分を高めることが楽しくて仕方なくなりました。

(その後30日のオナ禁をやめたら死体のようにベッドに倒れ呻くようなオナ猿生活が待っていましたが)

 

その自信には論理的根拠が一切ないのです。

自分ならできる。自分なら成功する。と感じます。

30日のときは「僕はラノベ作家になれる」「アニメ化作家になれる」などと夢想していました。3,4年前ですね。

なんでと聞かれてもそう思うんだから仕方がないとしか返せません。

たぶん脳内物質が発生しており、そのせいでアッパーになっていたんだと思います。

でもその間にはじっさい自分を高めようと動き始めるので悪いことではないと思います。

アッパー期を制御すること。これが成功に近づくポイントかなと思います。

 

 

余談ですが、オナ禁をしたらモテるとありますが、僕の周りにはプライベートで関わるような女性がひとりもいないので関係ない事柄です。

 

 

まずは7日間を越えるところを目標にしましょうか。

 

 今日はオナ禁3日目ですが、オナ禁タイマーでチェックしたいので今日からにしようと思います。