兼業ラノベ作家志望の乱読研鑚ワナビライフ

底辺作家未満のあがきがここに

正月休み

正月休みとして4日までもらっているが、今年の正月は小説の執筆に対して今まで以上に熱意を持って挑んだ。

しかし結果は、よろしくなく、目標のあらすじ100枚は到達までも行っていない。

読み切ったと思っていた「ストーリーの解剖学」の書いてある通りに物語りを構築していったが、うわべだけ読めていただけで実際考え始めると内容が全然理解しきれていなかったところがあった。それでもう一度理解をしようとしながら読んでいくと休みが終わってしまった。

読むのに時間がかかったのか。昨日までの三が日は結構頑張って執筆活動をしていた気がした。

しかし元旦から始めたポモドーロテクニックによりその現実逃避は意味をなさなかった。

ポモドーロテクニックはタイマーをセットし20分~30分の間ある一つの作業にだけ集中して、そのあと5分休憩する。それを繰り返し集中した作業時間を安定して取ることができるというテクニックだ。

集中はもちろんのこと別の効果に集中した時間が何セットあるのかで1日の集中時間がわかる。

だらだらと執筆活動をして一日中頑張ったみたいな錯覚を感じるよりかは何セット集中することができたみたいな数でわかるような状況を作って行きたい。

なのでこれからはポモドーロで計測していない限りは執筆活動をしていない扱いとして切り捨ててきたいと思う。

 

納期を切っている以上集中した集中していないは関係なく終わらせることが至上命題なのでまずは遅れた分を死ぬ気で終わらせないといけない。

 

古本市場で買った漫画セットは当分置いておくしかなさそうだ。